売上増加率

売上増加率とは、当期の売上高が前期の売上高に比べてどれほど伸びているかを表した指標です。

売上増加率から、企業の成長性や事業の拡大ペースを分析します。

売上増加率の分析は、企業の将来性だけでなく、現在の事業の競争力を把握する際にも活用されます。

また、同業他社の平均値と比較し、市場における自社の商品やサービスの競争力を把握できます。

売上増加率が上がっていれば、事業の競争力が高く、業績好調であるとされますが、売上増加率が下がっている場合は、原因を分析・改善に努めなければなりません。

【売上増加率の計算式】
売上増加率=(売上高―前期売上高)÷前期売上高×100

売上増加率の算出をおこなう際は、必要な情報に応じて対象期間を設定します。

  • 当期と前期それぞれ1年間の売上高 ⇒ 中長期的な観点
  • 当期(夏季)と前期(夏季)、当期(冬季)と前期(冬季)⇒ 季節による違い

 

売上増加率が減少している場合「市場の需要が減退している」または「商品やサービスの競争力が低下している」などの可能性があります。