当座比率

当座比率とは、安全性分析の経営指標のひとつで、事業の短期的な支払能力を判断する財務指標です。

当座比率は流動負債に対する当座資産の割合を示しており、流動比率よりもさらに厳密に分析したい時に参照される指標となります。

【当座比率の計算式】
当座比率=当座資産÷流動負債×100

当座比率を求める時、当座資産には棚卸資産を含みません。

棚卸資産は、現金化できる保証はなく不良在庫となるリスクもあるため、より厳密に支払能力を分析する際には、当座比率を活用することが好ましいとされています。

流動比率の目安は、会社の規模や業種によってさまざまですが、一般的な目安として、120%を上回っていれば短期的に安全であるとされ、70%を下回っていると支払能力に問題があり、注意が必要とされています。