売上総利益率

売上総利益率とは、売上に占める売上総利益の割合を指します。

売上総利益とは、売上に占める仕入れなどの売上原価以外の利益です。

売上総利益、売上総利益率は、それぞれ別名、粗利、粗利率とも呼ばれています。

事業経営で利益を出す、把握することは必要不可欠なため、売上総利益率は、企業の経営(財務)状況を把握するうえで重要な経営指標となります。

【売上総利益率の計算式】
売上総利益率=(売上総利益÷売上)×100

売上総利益率の適正目安は、業種によって異なります。

飲食業 75%〜85%
卸売業界 15%〜25%
小売業界 25%〜50%

 

売上に占める売上総利益の構成比が大きいほど、売上総利益率は高くなり、売上総利益率が高いほど、収益性の高い商品やサービスを提供している状態となります。
一方で、売上に占める売上総利益の構成比が小さいほど、売上総利益率は低くなり、売上総利益率が低いほど、収益性の低い商品やサービスを提供している状態となります。