catch-img

「パワハラ→⾃殺」それはイジリでもネタでもありません

パワハラから自殺に至ってしまう事件が後を断ちません。

当事者はイジリやネタのつもりでも、本人の精神に大きなダメージを与え、気づけば事が起こっている可能性もあります。

企業の認知しないところでのトラブルを防ぐためにも、どのような対応ができるのでしょうか。

本記事では、パワハラ被害の実態や労災認定の基準、全国でのハラスメント実態調査、過去の裁判例など、さまざまな情報をまとめています。

現状のパワハラ被害の実態について

日本国内でのパワハラ被害は深刻なものとなっています。

「パワハラ賞状」で自殺に追い込まれた大事件

2018年、青森県の工務店に勤務していた男性従業員が...


無料会員サイト


CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら

3分でできる
助成金・補助金・優遇制度の
無料診断サービスはこちら


過去のウェビナー視聴し放題
様々な経営資料が
ダウンロードできる
無料会員登録はこちら


セミナー情報

お役立ち資料はこちら

F&M Club サービス資料

F&M Clubの導入事例集

中小企業経営者のための
財務用語一覧

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

F&M Clubで解決できる
経営課題はこちら