catch-img

キャッシュフロー計算表をエクセルで作る方法を解説

キャッシュフロー計算書は「貸借対照表」や「損益計算書」と並ぶ重要な財務指標で、

多くの経営者が目にする財務資料のひとつです。

キャッシュフロー計算書は、事業が健全な財務状況の中で運営されてきたかを確認できます。

また、エクセルを使って、簡単に作成できるため、忙しい経営者の方でもすぐに活用できます。

本記事では、経営者でもすぐに活用できるキャッシュフロー計算表をエクセルで作る方法を解説します。

▶︎【無料会員サイト】資金繰り表テンプレートのダウンロードする

▶︎F&M Clubがわかる3点セットをダウンロードする


目次[非表示]

  1. 1.エクセルで作成するキャッシュフロー計算表について
  2. 2.キャッシュフロー計算書は間接法で作成しましょう
  3. 3.キャッシュフロー計算書(エクセル)作成方法とは
    1. 3.1.エクセルと試算表(貸借対照表と損益計算書)を準備する
    2. 3.2.営業活動によるキャッシュフローを記入する
    3. 3.3.投資活動によるキャッシュフローを記入する
    4. 3.4.財務活動によるキャッシュフローを記入する
    5. 3.5.算出したキャッシュフローを計算する
  4. 4.F&M Clubでは、無料の資金繰り表テンプレートを
  5. 5.まとめ


エクセルで作成するキャッシュフロー計算表について

キャッシュフロー計算書とは、営業活動のキャッシュフロー・投資活動のキャッシュフロー・財務活動キャッシュフローの3つに区分し、キャッシュの流れを把握するための資料です。

貸借対照表や損益計算書と並ぶ財務資料のひとつでもあり、過去のお金の流れを把握し、次年度の事業運営に役立てます。

また、似た資料に資金繰り表が存在します。資金繰り表も会社のお金の流れを把握する資料ですが、キャッシュフロー計算書と異なり、将来のお金の流れを予測する目的で作成・使用されます。

事業が継続的におこなえるか、資金調達の時期はいつかなど、経営を取り巻く環境が不確実性を増す中で資金繰り表の重要性が増しています。

株式会社エフアンドエムが運営する、F&M Clubではエクセルで作成された資金繰り表を無料でダウンロードいただけますご興味のある方はぜひご活用ください。


キャッシュフロー計算書は間接法で作成しましょう

キャッシュフロー計算書は直接法と間接法の2種類で作成が可能で、営業活動によるキャッシュフローの記載方法が異なります。

直接法は世界共通の会計基準であり、間接法は上場企業を含む多くの国内企業で活用されています。

また、直接法は収入・支出を個別に集計し、現金の増減を細かく把握できる一方で、集計が大変です。

そのため、エクセルでキャッシュフローを作成する際は、間接法で作成することがおすすめです。

本記事では、間接法のキャッシュフロー計算書をエクセルで作る方法を解説します。


【間接法によるキャッシュフロー計算書の全体図】

キャッシュフロー計算書(エクセル)作成方法とは

エクセルで、キャッシュフロー計算書を作成するには、以下の手順を取ります。


1. エクセルと試算表(貸借対照表と損益計算書)を準備する

2. 営業活動によるキャッシュフローを記入する

3. 投資活動によるキャッシュフローを記入する

4. 財務活動によるキャッシュフローを記入する

5. 全体のキャッシュフローを計算する


エクセルと試算表(貸借対照表と損益計算書)を準備する

まず、キャッシュフロー計算表の土台となるエクセルを用意してください。一緒に貸借対照表と損益計算書も準備します。


営業活動によるキャッシュフローを記入する

営業活動によるキャッシュフローは、税引前当期純利益や減価償却費、固定資産除売却損などが該当します。そのほか、自社に合わせて、科目を追加してください。


投資活動によるキャッシュフローを記入する

投資活動によるキャッシュフローは、定期預金の預入による支出・収入、子会社株式の取得による支出、固定資産の取得による支出・収入などの科目が該当します。


財務活動によるキャッシュフローを記入する

財務活動によるキャッシュフローは、短期借入金の増加・減少、長期借入金の増加・減少、増資などの科目が該当します。


算出したキャッシュフローを計算する

すべて記入が終えたら、4の「キャッシュの増加・減少額」、5「キャッシュの期首残高」、6「キャッシュの期末残高」をそれぞれ計算します。

4の「キャッシュの増加・減少額」は「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」のすべてを合計にします。

5は賃借対照表のものを記入します。6は4と5を合計します。

F&M Clubでは、無料の資金繰り表テンプレートを

株式会社エフアンドエムが運営するF&M Clubでは、本記事でご紹介したキャッシュフロー計算書と同様に重要な資金繰り表テンプレートを無料で提供しています。

資金繰り表は、将来の現金の流れを予測するための非常に重要な書類です。資金繰り表の作成に慣れていない経営者様や経理担当者様にも取り組みやすいように、数式を記入していますので、ダウンロードしたその日からご利用いただけます。

資金繰り表のテンプレートはエクセルで作成しています。

【無料会員サイト】で資金繰り表テンプレートのダウンロードはこちらをクリック


無料会員サイトでは、資金繰り表テンプレートのほか、事業計画表テンプレートも無料でダウンロードしていただけます。


まとめ

キャッシュフロー計算表は、エクセルで作成できるため、会社の現金の流れをすぐに把握できます。

会社のお金の流れを正確に把握することは、今後の経営に大きく関わるため、経営者であれば、必ず押さえておきましょう。

また、キャッシュフロー計算書だけでなく、いつのタイミングで支払いが発生するか、資金調達が必要かどうかを把握できる資金繰り表の作成もおすすめしています。

●サービス資料のダウンロードはこちら↓↓↓

CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら
編集部おすすめ記事

 

中小企業の倒産確率は、実に大企業の40倍もの確率です。大企業の強さの秘密とこの不況で生き残る術をこっそり教えます。


セミナー情報

ONLINE・無料セミナーに申し込む


助成金・補助金・優遇制度の
無料診断サービス

タグ一覧


過去のウェビナー視聴し放題
様々な経営資料がダウンロードできる無料会員登録

お役立ち資料はこちら

F&M Club サービス資料

F&M Clubの導入事例集

中小企業経営者のための
財務用語一覧

カテゴリ一覧

F&M Clubで解決できる
経営課題はこちら