catch-img

“法人優遇“批判が巻き起こる?今だからこそ“ものづくり”に力を入れるべき理由

2022年10月時点で第12次募集までおこなわれている「ものづくり補助金」

今だからこそ“ものづくり”に力を入れるべき理由をご紹介します。

10年以上続く日本政府の企業優遇に逆風が??

前代未聞のテロ行為により死去された安倍晋三元総理大臣の時代から始まった金融政策の大規模緩和や、コロナ禍対策に向けた助成金・補助金が今日まで実施されています。


一方で、1998年8月以来、約24年ぶりの円安・ドル高(1ドル144円後半)やウクライナ侵攻による原油価格・原材料価格の高騰により、異常なインフレが目立つようになってきました。さらに社会保険料や医療費の負担増も重なり、多くの家庭が実生活に支障が出始めています。


さまざまな国内政情や世界情勢において、マスコミを中心に助成金や補助金を受け取れる“法人格優遇“への反対意見の風潮が目立ち始めています。


特に労働生産性を高める目的の補助金のひとつ、「ものづくり補助金」の風当たりは強くなっています。


その根拠のひとつとして、以下の資料が挙げられます。

中小企業白書2021年版の「企業規模別従業員一人当たり付加価値額(労働生産性)の推移」を確認すると...

無料会員サイトでは、以下の内容をご確認いただけます。

  • 人件費の高騰は避けられない
  • 中小企業には新陳代謝が必要?
  • 今だからこそ“本気のものづくり”を目指すべき
CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら

3分でできる
助成金・補助金・優遇制度の
無料診断サービスはこちら


過去のウェビナー視聴し放題
様々な経営資料が
ダウンロードできる
無料会員登録はこちら


セミナー情報

お役立ち資料はこちら

F&M Club サービス資料

F&M Clubの導入事例集

中小企業経営者のための
財務用語一覧

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

F&M Clubで解決できる
経営課題はこちら