インタレスト・カンバレッジ・レシオ

インタレスト・カンバレッジ・レシオとは、債務返済能力を測る指標です。 受取支払利息や社債利息などの借入金の利息(インタレスト)に対する事業利益の比率を表すことで、借入金の元資本ではなく利息の支払い能力を分析します。

【インタレスト・カンバレッジ・レシオの計算式】
インタレスト・カンバレッジ・レシオ=(営業利益+受取利息+受取配当金)÷(支払利息+割引料)

年間の事業利益(営業利益と受取利息・配当金)が、金融費用(支払利息・割引料)の何倍であるかを示します。

インタレスト・カンバレッジ・レシオは、企業の信用を評価するための財務指標のひとつであり、証券アナリストが企業の経営状況の安全性分析をおこなう時に用いられる指標です。

社債などの格付けをおこなう場合にも重視され、一般的に倍率が高いほど金利負担の支払能力が高く財務状況が良好な状態であると判断され、2倍以上であれば適正であるといえます。