固定比率

固定比率とは、安全性分析の経営指標のひとつで、事業の長期的な支払能力を判断する財務指標です。 固定比率は、固定資産への投資額と自己資本を比較したもので、固定資産への投資における自己資本の割合を示しています。固定比率から、事業の長期的な支払能力を分析できます。

【固定比率の計算式】
固定資産÷自己資本×100

一般的に固定資産への投資を回収するためには、長期間を要するとされているため、金融機関からの融資など返済義務のある資金ではなく、返済義務のない自己資本の割合が多い状態が理想とされています。 固定比率の目安は、会社の規模や業種によってさまざまですが、一般的な目安として、100%を下回っていれば、固定資産よりも自己資産のほうが大きく、長期的に保有する固定資産を自己資本だけでまかなえている状態であり、財務状況は良好で、安全性も高い状態と判断されます。