固定長期適合率

固定長期適合率とは、安全性分析の経営指標のひとつで、事業の長期的な支払能力を判断する財務指標です。

固定長期適合率は、固定負債と自己資本に対する固定資産の割合を示しており、固定比率の補助的な指標の役割を果たします。

固定長期適合率をみることで、固定資産を取得するために資金を、自己資本と自己資本に近い長期の借入金でまかなえているか、資金運用が適切にできているかを判断できます。

【固定長期適合率の計算式】
固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+自己資本)×100

固定長期適合率の目安は、一般的に100%以下であれば、固定資産への投資は健全であると判断されます。 固定長期適合率が100%を上回っている場合は、固定資産への投資額を固定負債と自己資本でまかなえていない状態となり、資金繰りが危険な状態であると判断されます。