総資本回転率

総資本回転率とは、総資本によってどれほどの売上高を生み出したかを表す指標です。

総資本回転率が高いほど、効率的に総資本を利用できている状態であるとされます。

総資本回転率の判断目安として、総資本回転率が1.0を上回っているかどうかが、ひとつの指標となります。

【総資本回転率の計算式】
総資本回転率=売上高÷総資本(総資産)

総資本回転率は高ければ高いほど、経営状況は好調であるとされますが、前年と比較して減少している場合は、売上の減少や、売上に貢献しない資産が含まれている場合など何かしらの理由があるため、原因について分析、把握しましょう。

総資本回転率は、過去の複数年の業績データを用いて比較することで、自社の経営状況の把握、分析を有効的におこなえます。