付加価値労働生産性

付加価値労働生産性では、新たに生み出したものの付加価値を金額として算出したものを用いて計算し、「質」における労働生産性を算出します。

付加価値労働生産性は、主に人件費と生産性向上の関係を考慮する際に用いられます。

【​付加価値労働生産の計算式】
付加価値労働生産性=付加価値額÷労働者数(または労働者数×労働時間)

「物的労働生産性」と「付加価値労働生産性」の計算式において、「労働者数」で算出した場合は「1人あたりの労働生産量」、「労働者数×労働時間」で計算した場合は「1時間当たりの労働生産量」を導きます。