労働生産性

労働生産性とは、労働人数または労働時間あたりの労働算出(成果)量を表す指標です。

労働生産性は、企業の生産性(投入資源と算出)の比率を算出する際に活用され、「労働者1人当たりが生み出す労働成果」または「労働者が1時間で生み出す労働成果」を算出します。

労働生産性は、事業の業務効率化や経営効率化を図る際に参考、活用されます。

労働生産性が上昇するほど、事業の業務効率化および経営効率化が促進されている状態であるとされます。

また、「付加価値労働生産性」と「物的労働生産性」の2つがあります。

【労働生産性の計算式】
労働生産性=(付加価値額)÷労働投入量×100