このような課題を感じていませんか?

日本の労働生産性は欧米諸国と比較して非常に低いことに加え、

人口減少により働き手が不足しています。

補助金を上手く活用して設備やIT投資を行うことは、今後の企業成長には欠かせません。

そもそも
どのような補助金があるのか
よくわからない

補助金は国や自治体の方針により、様々な種類があります。

また、どうやって情報を収集するべきかも判断が付かないのではないでしょうか?

そのため、多くの経営者は「どのような補助金があるか分からない」という課題をお持ちです。

補助金情報は知っているが
自社で使えるのか
よくわからない

補助金の情報を得ても、それが自社で利用できるか判断すのは非常に困難です。

さらに、国の補助金の要件に対する解釈の仕方も難しいのではないでしょうか?

補助金の要件を調べて、「活用しようとしたときには要件が変更されていた」という経験をお持ちの経営者も非常に多いのではないでしょうか?

どのような申請書が
採択されるのだろうか?
ポイントがわからない

補助金は申請を作成しても、採択される場合と、残念ながら不採択される場合があります。

例えば、事業再構築補助金の第3回公募の通常枠の採択率は37%でした。

では、どのような申請をすれば採択されるのでしょうか?ポイントを押さえて申請書を作成することが重要です。


補助金申請のポイントに関するお役立ち資料のダウンロードはこちらです

3分でできる補助金・助成金・優遇制度の
公的支援無料診断サービスはこちらをクリック

どのような補助金があるのか、よくわからない

補助金情報をどうやって収集するの?

 国や自治体で募集されている補助金を全て把握することは
 専門の人材がいない限り、非常に困難です。

 そのため【補助金情報が常に入手できる環境整備】すること
 をお勧めいたします。
 金融機関から定期的に情報収集する
 補助金に強い税理士や中小企業診断士のサポートを受ける
 補助金に強いコンサルティング会社のサポートを受ける
 など様々な方法がありますので、補助金情報を入手できる環 
 境整備をしてみましょう。

予算が多い補助金の例

様々な補助金がありますが、
多くの予算が計上されている補助金を紹介します。

新事業を展開したい:事業再構築補助金
生産性を上げたい :ものづくり補助金
IT化したい    :IT導入補助金
販路拡大したい  :小規模企業持続化補助金
事業承継をしたい :事業承継・引継ぎ補助金

補助金情報は知っているが
自社で使えるのかよくわからない

補助金の要件は
都度変更があります

 国や自治体が補助金を支給する目的は、国や自治体の課題 
 解決を図るためです。
 そのため、近年では補助金を活用して設備投資を促し、
 生産性を向上による利益創出を目的にするに留まらず、
 雇用の創出や賃上げなどが求められています。
 

貴社の課題を専門家に相談しましょう

『補助金が貰えるから設備投資をする』では本末転倒です。
ただし、会社の課題解決のために、補助金を利用することができるのであれば、ぜひ活用いただきたくべきです。

そのためには、『活用事例』や『その補助金のルール』をよく知っている専門家に相談することが大切です。

その際、購入したい設備が決まっていない場合でも、貴社の課題を相談すると、専門家も様々な事例や要件を伝えることができ、有益な情報が得られます。
貴社の課題を踏まえた相談をすることが肝要です。

どのような申請書が採択されるのだろうか?
ポイントがわからない

補助金には採択・不採択がある

 残念ながら補助金申請には不採択となる場合があります。
 事業再構築補助金の第3回公募の、通常枠の採択率は37%
 でした。
 では、どのように申請書が採択されるのでしょうか?
 
 審査員は限られた期間で数多くの申請書を確認するため、 
 端的に貴社の取組みの有効性を訴えることが必要です。
 さらに、貴社の強みをしっかりと生かせること
 市場ニーズの調査が適切で説得力がある
 等が求めれます。

事業再構築補助金
事業化点についての審査員コメント抜粋

事業再構築補助金における、
事業化点についての審査員コメントの一部を紹介します。
採択のためには、公募要領をよく確認・理解し、
国が求めていることを踏まえた申請書を作成する必要があります。

エフアンドエムの補助金サポートについて

1. 補助金支援

事業再構築補助金・ものづくり補助金などの申請書の策定支援をしております。

過去、採択2,500社以上の豊富な実績を基にF&Mがサポートいたします。

※申請支援には別途料金を頂戴しますので、具体的にはご相談ください。

2. 補助金LINE

登録いただいた条件に応じて補助金・支援策情報をタイムリーにLINEでお届けします。

また、調べたいとき、知りたいときに補助金・助成金を検索することも可能です。

 

3. 各種計画策定支援

税制優遇・金融支援を受けるための、経営力向上計画・先端設備等導入計画・事業継続力強化計画の策定支援が受けられます。

ものづくり補助金については、事業継続力強化計画の認定を受けることで、審査時に加点されます。

エフアンドエムの提供するサービスに関する
資料のダウンロードはこちら

エフアンドエムの補助金支援について

補助金申請支援サービス

その他アイコン02

事業再構築補助金や
ものづくり補助金等の申請支援をしております

全国の地域金融機関と連携し、ものづくり補助金を始めとした各種補助金の申請を支援しています。 またリファイナンス支援、事業承継コンサルティングなど、クライアントに最適な財務戦略の立案を行っています。

導入事例のご紹介

関連記事

CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら