catch-img

リファイナンスで倒産リスクを避けるには?リスケジュールは最終手段

コロナ禍が企業業績に悪影響を及ぼしています。東京商工リサーチによると、2021年度の新型コロナウイルス関連破たんは1,846件であり、2020年度のおよそ1.6倍増に。昨今の社会的動向により、企業経営者は事業運営にあたり厳しい舵取りが求められています。経営判断を誤れば企業は倒産するかもしれません

本記事では、既存の借入金を借り替える「リファイナンス」、および借り入れ条件を変更する「リスケジュール」について解説します。リファイナンス、リスケジュールを検討し、実行するためには企業は何をすべきかを考えていきましょう。

【更新情報】2022年7月29日(金)に情報を更新しました。



目次[非表示]

  1. 1.リファイナンスの重要性とは
    1. 1.1.リファイナンスとは?
    2. 1.2.リファイナンスの特長
    3. 1.3.リファイナンスの注意点
  2. 2.リファイナンスのポイント
    1. 2.1.業績予測をおこなう
    2. 2.2.業績予測の可視化
    3. 2.3.金融機関への相談・協力依頼
  3. 3.リスケジュールは最後の手段
    1. 3.1.業績修正の正当性アピール
    2. 3.2.資金繰り表の作成
  4. 4.F&M Clubへの相談
  5. 5.まとめ



リファイナンスの重要性とは

リファイナンスは企業が現在返済中の借入金を完済するために新たな借り入れをおこなうこと。リファイナンスにはどのような特長や注意点があるのか説明します。

リファイナンスとは?

リファイナンスとは、既存借入の内容を見直し、新たに「組み替える」ことを言います。

既存借入を一旦返済することで、新たな資金調達を検討でき、また、何本かある借入をまとめることで返済額の負担を軽減することも可能です。

リファイナンスの特長

企業がリファイナンスをおこなうメリットは、フリーキャッシュフローの増加です。金利の見直しや借入金の一本化により、返済資金の軽減が図れます。返済金が少なくなることにより手持ち資金が増え、急な出費などにも対応可能です。

また、「黒字倒産」(※収益が上がっているにもかかわらず、手持ち資金不足による支払不能での倒産)も回避でき、企業は資金面で余裕のある事業運営ができます。

リファイナンスの注意点

リファイナンスを検討する際、中小企業が忘れてはならないこととして、「リファイナンスは新規融資である」という点です。

金融機関が新規融資を検討する際、以下6点を考慮します。

①決算書の直近スコア

②不動産担保などの評価額 

③企業格付(過去決算スコア)

④保証協会枠の利用状況 

⑤他行を含め金融機関借入残高 

⑥今後の収益力の見通し

特にコロナ禍でのリファイナンスでは、「④保証協会枠の利用状況」に注意が必要です。

金融機関は必ず保証協会枠の利用状況を考慮して、リファイナンスプランを検討します。

保証協会には、一般枠、セーフティネット枠、特別枠の3種類が制度として設計されています。

多くの中小企業は、コロナ融資を保証協会付きで利用されたのではないでしょうか?

据置期間を利用している中小企業の中には、まだ返済が始まっていない借入もあるかもしれません。

まずは、自社の保証協会借入を確認し、どの枠(制度)を利用しているかを把握するのが先決です。


リファイナンスのポイント


リファイナンスを検討するにあたり、ポイントは次の3点です。

  • 業績予測をおこなう
  • 業績予測の可視化
  • 金融機関への相談・協力依頼

業績予測をおこなう

リファイナンスを検討する際、まず業績予測をおこないます。コロナなどの社会的動向、急激な円安などの為替動向により、企業の業績が左右されるかもしれません。

今後の動向を踏まえて業績予測をおこない、リファイナンスにより企業は資金繰りが改善されることを金融機関に訴えることが重要です。

特に、他の金融機関の借入金一本化を図るリファイナンスであれば、一層、フリーキャッシュフローについてアピールすることが必要となります。なぜなら、他の金融機関での借入分が加わることで、審査がより厳しくなるためです。

そのため、企業は収益やキャッシュフローについて達成可能な業績予測を立てましょう。



業績予測の可視化

業績予測を可視化するため、資金繰り表や事業計画書を作成すべきです。作成したものを金融機関に共有でき、審査に通りやすくなります。

企業は資金繰り表や事業計画書における数字をグラフ化したり、一覧表を作成したりすることで、視覚的に財政状況が把握可能となり、また、注意すべきポイントが認識できます。

金融機関への相談・協力依頼

業績予測をおこない、資金繰り表や事業計画書などを作成できれば、取引金融機関に相談し、協力を依頼します。

リファイナンスの相談であるため、企業は資金面に余裕のある時期におこなう必要があります。なぜなら資金面で厳しくなると、金融機関に受け入れてもらえない可能性は高いです。

リファイナンスは新規の借り入れであることを企業は忘れてはいけません。

金融機関ごとに必要な条件などが異なるケースがあるので、事前に確認しましょう。金融機関独自で審査する「プロパー融資」以外に、信用保証協会の保証付き融資もリファイナンスの対象となります。

企業によっては、信用保証協会付き融資を複数の金融機関で利用しているケースもあるかもしれません。その場合でも、プロパー融資と同様に融資の一本化は可能です。

しかし、信用保証協会が取り扱っている保証の種類はさまざまあります。保証内容によっては一本化が難しいケースもあり、金融機関や信用保証協会に問い合わせるといいでしょう。

  社長は決算書をこう見なさい!スコアリングと補正のされ方とは 決算書は、銀行をはじめとしたステークホルダーに自社の業績を伝える重要な資料であり、融資の可否を左右します。決算書を見る上での重要なポイントと併せて、銀行が決算書を見た上でおこなう「スコアリング(格付・与信判断・評点)」を解説します。 株式会社エフアンドエム

リスケジュールは最後の手段


リファイナンスと似た言葉に「リスケジュール(リスケ)」があります。リスケとは、現在返済中の借入金の返済条件を変更することです。

リスケを申し出る企業の大半は、資金繰りが厳しくなって、借入金の返済が滞り、倒産する恐れがあることを理由としています。とはいえ、申し出たリスケに金融機関が応じてくれるのかは気になる点です。

政府は2009年から2013年にかけて、「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律(中小企業金融円滑化法)」を施行しました。この法律は時限立法であったため、現在、中小企業金融円滑化法はありません。

しかし、金融庁はHPで、「金融機関は引き続き円滑な資金供給や貸付条件の変更等に努めるべきということは、今後も何ら変わりません」と述べています。金融機関は企業のリスケに応じてくれるのです。

【参考】中小企業等に対する金融円滑化対策について

では、企業はリスケを申し出る際にどのような準備が必要なのでしょうか。



業績修正の正当性アピール

当初、企業が考えていた事業計画がコロナ禍などにより大幅な乖離が生じた場合、業績修正をおこなわなければなりません。

東京商工リサーチは、「息切れやあきらめによる脱落に加え、経済活発化に伴う資金難の増加も懸念され、コロナ破たんは2022年度も引き続き増勢が続く見通しとなっている」と予測しています。

企業は、コロナ禍や急激な円安が売上・利益にどのような影響を及ぼしているのか、また今後どう推移していくのかを踏まえて業績修正をおこない、自社の正当性をアピールしなければなりませせん。

資金繰り表の作成

リスケの主な目的は、キャッシュフローの確保です。手持ち現金が確保できないと倒産するリスクが上昇します。

キャッシュフローが確保されているかどうかを確認するには、資金繰り表を作成することが必要です。資金繰り表を作成することでキャッシュフローが可視化され、また、金融機関とも共有が可能となります。

リスケを申し出る際の注意点として、企業は条件変更を借り入れのある金融機関一律に申し出なければなりません。ある金融機関にはリスケを申し出て、別の金融機関の借入金は通常通りに返済することはできないため、注意してください。

エフアンドエムの財務サポートについてはこちらからダウンロードできます

F&M Clubへの相談

リファイナンスやリスケを検討している企業は相当数います。同時に、自社の現況をどのように金融機関に伝えればいいのか、また理解してもらえるのかを悩まれています。

時間が経つにつれ手持ち資金が減っていき、事業運営に不安を覚える経営者もいるかもしれません。そこで頼りになるのがF&M Clubです。

F&M Club

  • 利益は出ているのに手元にお金が残らない
  • 自社の財務状態の良し悪しが分からず不安だ
  • 税理士からの財務アドバイスが少ないと感じる

といった企業によくある悩みについて、月額3万円の財務サービスで解決できます。

F&M Clubを導入することでお金の流れをとらえ、資金計画のアドバイスを受けられ、また半年先の資金繰りに関してまで把握できます。企業は現況把握が容易となり、金融機関へリファイナンスやリスケについて躊躇なく申し出が可能です。今すぐF&M Club導入を検討してはいかがでしょうか。

まとめ

リファイナンスは新規で借入をおこない、既存の借入金を返済することで、「フリーキャッシュフロー」の増加が見込まれ、資金ショートや黒字倒産を防ぐメリットがあります。

リスケは既存の借入金における返済条件の変更であり、金融機関への申し出で可能ではあるものの、企業はリスケによる今後の業績見通しや資金繰りを安定させなければなりません。

F&M Clubでは、資金繰り表の作成施策の提案と導入など、また補助金サポートといったコンサルティングサービスを専門スタッフがおこなっています。ぜひお気軽にご相談ください。

財務改善5つのアクションについての無料お役立ち資料のダウンロードはこちら



  資金繰りを改善したい|中小企業のバックオフィス業務を改善するならエフアンドエム 利益は出ているが、手元にお金が残らない。自社の財務対策は適切なのか分からない。税理士からのアドバイスが少なくて不安だ。資金繰りを安定させるために、非常に多くの悩みをお持ちではないでしょうか?そのようなお悩みを解決いたします。 株式会社エフアンドエム



CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら

3分でできる
助成金・補助金・優遇制度の
無料診断サービスはこちら


過去のウェビナー視聴し放題
様々な経営資料が
ダウンロードできる
無料会員登録はこちら


セミナー情報

お役立ち資料はこちら

F&M Club サービス資料

F&M Clubの導入事例集

中小企業経営者のための
財務用語一覧

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

F&M Clubで解決できる
経営課題はこちら