中小企業を苦しめる大増税が始まる?経営者が気をつけたい令和5年度税制改正要望

和5年度税制改正要望が各省庁から提出され、現政権のスタンスが「大増税」だと騒ぎ立てるメディアが多く存在しています。 確かに提出数が多い省庁の中には、厚生労働省(23件)や経済産業省(43件)、国都交通省(38件)など企業との関係性が強い省庁も含まれています。 しかし、中にはコロナ禍に対応した非課税措置もあり、経営者としてどれだけ影響あるかを把握しておくことで、事前に対策が可能です。

記事を見る

金利引き上げ・金融緩和継続はどちらもイバラの道!経営者ができることは?

日本と欧米の金利差による円安が深刻です。 日本銀行(以下、日銀)の黒田東彦(くろだはるひこ)総裁は、「現在の急激な円安の加速は日本の金融政策ではない(2022年5月30日発言)」としており、いずれ収束するとの見解を示し、2022年11月も金融緩和を継続しています。 本記事では、金利引き上げや金融緩和継続におけるメリット・デメリットを紹介しつつ、経営者としてできることを紹介します。

記事を見る

2023年4月に割増賃金率が改定!就業規則の見直し3つのポイントを解説

2023年4月1日から、割増賃金率が引き上げられます。 割増賃金率は月60時間を超えて、時間外労働する場合を対象とされており、2023年4月に向けて就業規則の改正など割増賃金率引き上げに向けた準備が必要です。 本記事では、割増賃金率改定に向けた就業規則の規定例や、見直しポイント3点を解説します。

記事を見る

補助金はもらえる?探し方と経営への活用をわかりやすく解説!【2022年11月拡充発表】

仕入価格の高騰や賃金引上げへの対処、インボイス制度に対応するための投資など、補助金制度の主な目的対象が変わってきています。 また、2022年11月8日、2022年度第2次補正予算案に基づく補助金の拡充が発表されました。 自社で受給できるはずの補助金のに確認漏れはありませんか? 本記事では、自社にあった補助金の探し方と活用法をわかりやすく解説します。

記事を見る


コロナ融資が返済できない!中小企業ができる解決策2選

コロナ融資制度は総額約56兆円が利用され、多くの企業で元金返済が始まっています。コロナ前の水準には戻らない景気、原材料費や燃料費の上昇により、2023年の企業決算は悪化すると予想されおり、経営者は難しい舵取りが求められます。 本記事では、累計35,000社の支援でわかった、中小企業ができる財務対策をわかりやすく解説します。

記事を見る

社員の給与が最低賃金割れ?違法?知らずに法令違反になる給与決定方法と解決策を解説

2022年の最低賃金が改定されました。 2022年の最低賃金の特徴は、過去最大の引き上げ幅です。 最低賃金の引き上げは新規採用者だけではなく、既存の従業員へも影響します。 知らずにいると法令違反の最低賃金となってしまう給与決定方法や、違法とならないようにする給与体系まで解説します。

記事を見る

就業規則がない場合どうなる?トラブル事例やリスクについて解説

就業規則は、社員とのトラブルを回避し、良好な経営活動をおこなっていくうえで非常に重要なものですが、社員10人未満の企業の場合、作成義務がありません。 そのため、企業によっては就業規則を作成していない場合もあるかもしれませんが、就業規則がない場合、さまざまなトラブルリスクが生じます。 就業規則がない場合のトラブル事例やリスクについて解説します。

記事を見る



CONTACT

経営者のみなさんのお悩みにF&M Clubが応えます

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00-17:00

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービス内容が詳しくわかる
資料はこちら

タグ一覧

助成金・補助金・優遇制度の
無料診断サービス


過去のウェビナー視聴し放題
様々な経営資料がダウンロードできる無料会員登録


セミナー情報

お役立ち資料はこちら

F&M Club サービス資料

F&M Clubの導入事例集

中小企業経営者のための
財務用語一覧

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

F&M Clubで解決できる
経営課題はこちら